ロシアンブルーの抜け毛ってどれくらい?

SONY DSC

ペットを飼う上でちょっと気になるのが抜け毛

猫の中でもロシアンブルーは高級絨毯のような、絹のような滑らかな手触りが特徴の被毛を持っていると表現されますが、これ、ホントです。

超、気持ちいい

ウチのロシアンブルー美堂の抜け毛はそこまで多くないみたいですが、それでもやっぱり季節の変わり目の衣替えの時期にはけっこう毛が抜けます。まぁ先輩ミニチュアダックスの魅録ほどではないですが…w(魅録の衣替えの時期に彼がカーペットでごろごろする度、ころころが欠かせないくらい)

で、ちょっと気になったロシアンブルーの毛の特徴。さらっと調べてみました。

猫の毛の種類

性質の違う3種類の毛が生えている

猫の毛って3種類あるんですって。

上毛/ガードヘア

プライマリーヘアともよばれ、被毛の中で最も長く、太く、まっすぐで、硬い毛皮膚を保護する役割で、水をはじき紫外線をブロックする。

→硬いって言っても、”3種類の中で比較すれば”ってこと。ロシアンブルーの毛は、上毛でさえ高級絨毯みたいな触り心地です。マジで気持ちよす。

下毛①/オーンヘア

2種類ある下毛の内ダウンヘアよりやや長く、上毛より少し細く、硬く、毛先がやや太くて粗い毛。保護(防水・紫外線遮断)と保温(断熱)の働きがある。

→いいですねー。常に毛皮のコート着てる状態。羨ましい。

下毛②/ダウンヘア

2種類ある下毛の内、一番短く、細く、綿のように柔らかで、縮んでいる毛。暑さを防ぐ断熱、体温が逃げるのを防ぐ保温の役目

→この毛が一番よく抜けるみたいです。

大きく分けて猫にはこの3種類の毛が生えておるそうです。

長毛種、短毛種がいる

これはもう、見たまんま。毛が長いぬこか毛が短いぬこか。

猫の毛は感覚と筋肉で動く

ちなみにですが、猫って皮膚に立毛筋っちゅう筋肉があって、その筋肉を使って毛を一本一本、大きな角度で立たせる事ができるそう。素晴らしいね。ヘアワックスいらずだね。寒いときにはその立毛筋を使って毛を逆立たせて寒さを凌ぐみたいです。

猫の背中にちょこっと触れただけでもびくっと反応するのは、毛の一本一本が筋肉に繋がった神経のような役割だからなんですなぁ。

ロシアンブルーの毛の特徴

ブルーグレーの気品ある輝きを持つ

まぁこれは見たまんまですね。ちなみに猫業界ではグレーの毛並みを「ブルー」と表現するそうです。

猫の中でも密生した毛を持つ

他の猫と比較しても、短く均一にびっちり毛が生えているのがロシアンブルーのよう。被毛は立っていて、その精密さは撫でると背中に指の跡がつくほど。

いいですね。世の男性にうらやましがられそうなですね。

寒さに強い(?)

北欧のロシア・イギリスにルーツを持つ歴史のなごりか、寒さに強いと言われています。

…が。コタツ・ストーブ大好きですwww

図:先輩ダックス魅録にストーブ前を占領されて、遠くから眺めるの図

「猫はコタツで丸くなる」とはよく歌ったもんですね。北国育ちのロシアンブルーがこれなら、寒さに強い猫ってどないやねんて感じ。

ロシアンブルーはどれくらい毛が抜けるのか?

これね、いろいろな方の意見を見ていて思ったんですが、ロシアンブルーの抜け毛って個人の主観に左右される部分が大きいように感じます。

例えばウチの場合は以前よりダックスがいたので、”犬と比較すると抜け毛は少なく感じる”という感覚。

一方、初めてペットを飼う方や抜け毛の少ない品種の猫を飼ってた方の感覚だと、上毛と下毛を持つロシアンブルーは”抜け毛、多っ!”と感じると思います。それでも猫の中でもロシアンブルーって抜け毛が少ない品種みたいですけどもね。

また同じロシアブルーでも、持って産まれた毛並みの違いによってその抜け毛の量にも多少変化が出てくるようです。みなさんの意見をまとめてみた印象としては、見た目の毛並みが良い猫ほど抜け毛が少ないという性質があるみたい。見た目が良いと毛の遺伝子的もしっかり働いていて、一本一本の毛の持ちが良いかのかもしれませんね。

まとめ

我々、毛が生えている生き物ですもの。やっぱり抜け毛0は無理ですよ。すぐ洗面台詰まるし、ありえんところに毛が落ちてたりするし、一人暮らしでもしようもんなら気付いたら床中、毛だらけになるし(´・ω・`)

それを踏まえた上で犬猫の種類全体と比較すると、ロシアンブルーの抜け毛は比較的少ない方と言えるのではないでしょうか?

一般的なペットの中での毛の量の感覚でいうと当然かもですが、長毛犬>短毛猫>長毛犬>短毛猫っていうところでしょうかね。大事なのはペットを飼う上で、毛繕いをしてあげるのも楽しみのうちって思えるかどうかじゃないかと思います。

「まーーーーたこんなに毛を落としてーーーーーーー!」

って口では言いながらも、その毛をコロコロしつつ、そのままぬこのカラダに直接コロコロしたりするのがおもろかったりしますもんね。犬もしかり。

↑これ気になる。ロシアンにもダックスにも使えそー

↑繰り返し使えるすぐれもの。

スポンサーリンク
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
SPONSORED LINK