家に帰ると猫がお出迎えをしてくれる理由

DSC_0072

 びどう「ご主人、帰って来たんじゃね?」

みろく「いや、宅急便のおっちゃんだよあの匂いは。」

はい。

よくある我が家の光景です。

猫の聴力ってどれくらい?

犬はめちゃくちゃ鼻が利きますが、一方で猫は耳がめちゃくちゃ利く動物です。

ロシアンブルーの美堂さんもいつも、とおーーーくから誰かが帰ってきている足音をいち早く察知するみたい。

美堂がふと起き上がり耳を澄ました数分後に、家族の誰かが帰って来る事がよくあります。

それくらい耳が良い、地獄耳を持つのが猫です。

猫の耳が発達した理由

猫って昔は暗い場所・狭い場所にいる小動物や虫をエサとして採っていた生き物。そのため、暗がりでの狩りを有利に進めるには視力よりも聴力で相手の位置や動きを把握したほうが効率がよかったそうです。

生きるための進化ってすごいですねー。

超視力が悪い僕も、裸眼で頑張って生活したら視力回復するかしらw

猫の耳の特徴

DSC_0049

超音波も聞こえる

僕ら人間が聞き取れる音の周波数が20~2万ヘルツなのに対して、猫は30~6万ヘルツの音を聞き取れると言われています。これは簡単に言うと、人間には聞こえない超音波を聞き取っているようなもの。

ちなみにその音域の音を聞くメカニズムは解明されていないらしいんだけども、どうも頭の骨から直接感知してる可能性が高いみたい。

このメカニズムを解明できたら、その機能を活かしたおもしろいデバイスが出てきそうな気もしますね。

相手との距離が分かる

猫はその音が500~5,000ヘルツの範囲内であれば、音の位置を性格に把握できるんだそう。

最も猫が良く聞き取れる周波数は2,000~6,000ヘルツで、これは子猫の鳴き声に相当する周波数らしいですね。

なるほど。よくできてるもんですねー。

低い音は聞き取りにくい

高音を聞き取る事には長けている猫の耳ですが、一方で低い音はあまり聞こえないようです。

ちなみに人の会話音は200~4,000ヘルツで、猫からするとちょっと聞き取りにくいみたい。

猫が女性に懐きやすいのは、女性の声が猫にとって聞き取りやすい周波数だからという事もあるみたいですね。

メンズのあなたは、頑張って高い声で猫ちゃんに話しかけると気に入られるかも。

低い声は怖い?

また、低い声っていうのは猫に大型の補食動物をイメージさせるため、あまり好まないっていう可能性もあるそう。

メンズのみなさん、ぜひ高い声で話しかける練習をw

音の種類を記憶できる

猫は1音の10分の1だけ高さの違う音を聴き分けることができるそうです。

すげぇ絶対音感ですねコレ。

この超敏感な判断力があるからこそ、遠くから近づいて来る足音を聞いてそれが誰の足音だか判別できるみたい。

誰かが帰って来る時に、美堂が早々にスタンバイする理由も納得です。

猫をしつける方法

ご説明してきたようにここまで耳が良い猫なので、しつけにはその耳の良さを活かすと良いみたいです。

叱る際は大きな音を聞かせる

猫がいたずらや悪い事をした時は、大声を出したり目の前で手をパチンと叩いたり、物を鳴らして驚かせたりすることが有効。

一度や二度じゃすぐには覚えないかもしれませんが、何度も繰り返し大きな音を聞かせると、「これをしたら大きな音が聞こえてしまう」と認識するそうです。

まとめ

猫には僕らの声が聞こえていない訳じゃないんです。

ただ、興味がないんです(´ι_` )w

猫カフェに行った際はぜひ、甲高いにゃんにゃん声での会話を。

1週間で3オクターブの声が出せるようになる本 無理な力を入れずに声域を拡げる驚きのボイス・トレーニング(CD付き)
by カエレバ

スポンサーリンク
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
SPONSORED LINK